日本ダービー、2011年予想



ダービーの枠順はこの記事から確認。

例年と違い、皐月賞が東京で行なわれたのが、今回は影響が大きい。
しかも、3馬身差で、過去皐月賞でこれだけ大差つけたのは、ナリタブライアンに次ぐという。
同じ東京だし、オルフェーヴルが軸で問題ないと思う。上がりが平均的に33秒台〜34秒台出してるのも東京では強み。


以下、僕の予想印。
ダノンバラードが脚部不安で回避になったので、ちょっと変えてます。

オルフェーヴル
○コティリオン
トーセンレーヴ
△デボネア
×ウインバリアシオン
×サダムパテック
×クレスコグランド


サダムパテックは、前走着差つけられて負けたが、それでもコンスタントに成績を残している。
大崩していない成績だけど、血統面で距離がもつのかが鍵。


デボネアは、馬体も長距離向きというのもあるが、デットーリ騎乗が大きい。


トーセンレーヴは、連闘でプリンシパルSを勝ってダービーに望むが、例年ここでの上位馬が意外にも馬券に絡んでいるデータから、候補に。鞍上がウィリアムズなのもプラス。


青葉賞勝ち馬が連に絡んだのは、過去10年で1回のみなので、ウインバリアシオンはどうかな・・・という思いだけど、前走上がり33秒台なのは魅力的。三連単候補。


コティリオンは、思った以上に人気薄になりそう。
NHKマイル→ダービーのローテーションで勝っている馬が多いのと、父ディープインパクト、母の父トニービンなので、安易にマイラーとは言えないので、さくっと切り捨てるのは超危険。

クレスコグランドは、過去10年で、京都新聞杯上位が掲示板に入ったのが、5回。ちょっときになるので、三連単候補。

このブログは、買い目は公開してませんが、プロの無料予想と買い目なら以下がおすすめ。
ダービーの買い目

にほんブログ村で
他の競馬予想ブログを見る。


ウインバリアシオン、日本ダービー分析


ウインバリアシオンは、前走、青葉賞1着。




道中、後ろから2番手あたり。


動画見る限り、4コーナー廻ったあとも、そんなに良い位置取りじゃないんですよね。

残り300mあたりで、安勝が猛烈な風車ムチを叩きまくって、残り100m付近から、すごい伸びを見せました。

上がりは、33.6秒。


エンジンのかかりは遅いけど、一旦スピードに乗ると、伸びが違う、そんな印象を受けました。


コンスタントに、上がり33秒〜34秒台を出してるのは強みだと思う。
安勝との相性も良さそうなので、かなり期待出来るんじゃないかと思った。


このブログでは買い目は公開してませんが、以下ウインバリアシオンからのプロによる買い目が参考になります。
ウインバリアシオン買い目



にほんブログ村で
他の競馬予想ブログを見る。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。