ラッキーナイン、スプリンターズステークス


ラッキーナインは、香港馬。
早めに日本入りし、前走は、セントウルステークスSに出走。


結果2着だが、59kg背負っていて、1着のエーシンヴァーゴウは55kg。

この斤量差を考えれば、上出来だと思う。
また、海外馬で一番不安なのが、日本の馬場への適応なんだけど、この結果を見れば明らか。

海外馬では、ロケットマンの方が格上だが、馬場への対応は未知数なので
僕としてはラッキーナインを推したい。

ラッキーナインを絡めた買い目は、以下がお薦めです。
ラッキーナインの買い目予想


関連記事
スプリンターズステークスの印
ロケットマン
エーシンヴァーゴウ
カレンチャン
ビービーガルダン

にほんブログ村で
他の競馬予想ブログを見る。


スプリンターズステークス2011年の予想


2011年秋のG1初戦「スプリンターズステークス」が、早くもやってきました。


2011年のスプリンターズステークスは、難しい。
日本馬で、軸となるような馬がいないためです。その代わり、海外からロケットマンという超大物が出走してきました。

僕の印は、以下のとおり

ラッキーナイン
エーシンヴァーゴウ
ビービーガルダン
ロケットマン
×カレンチャン
注グリーンバーディ


スプリンターズステークスで、僕が推したのはラッキーナイン。
海外馬で、一番ネックなのが、日本の馬場への適応です。一度、キーンランドカップを使ったので、良い指標になりました。

ラッキーナイン2着ですが、59kg背負ってます。
今回は、57kgという事もあるので、勝ち負けは固いのではという予想。


ロケットマンは、前々走、異次元の走りを見せてますが
日本の馬場への対応はどうだろう・・というのと
競馬ブックの巻末写真の馬体を見て、僕が10年スクラップしている日本の馬で、こういう馬体でG1に勝ったのは記憶にないので評価下げました。


エーシンヴァーゴウは、サマースプリントシリーズ優勝という事もあるし、馬体が良いです。
55キロで望めるのもプラス材料。


ビービーガルダンは、穴で。
1200mだと、何かしてくれる予感が強いので。


このブログでは、スプリンターズステークス含めて買い目は出してません。

スプリンターズステークスの買い目だと、プロの予想師による以下がお薦めです。
スプリンターズステークスの無料買い目

にほんブログ村で
他の競馬予想ブログを見る。


神戸新聞杯2011年予想


2011年神戸新聞杯。オルフェーヴル始動で注目です。


神戸新聞杯の過去10年の傾向を見てみると

1番人気の連対率80%
1着の馬で、前走ダービー3着以内70%
1〜3番人気で決まった確率60%


ということで、オルフェーヴルを推します。
意外と、上がり馬が3着までに食い込んでいる事もあるので、そこも考慮してみると

◎オルフェーヴル
○ウインバリアシオン
▲フレールジャック
△クレスコグランド
×ショウナンマイティ



◎オルフェーヴル

3冠馬目指しての前哨戦で、ダービーの内容を見る限りは、この馬が1番人気まちがいなしでしょう。
先週勝ったフェイトフルウォーも、ステイゴールドxメジロマックイーン配合。秋越えての成長も、同じようにあるでしょう。



○ウインバリアシオン

ダービー2着だけど、ハーツクライ産駒という事もあって、それほど人気にならないのではないかという予想。
あまりオッズが高くなると、ハーツクライ産駒自体が、成績にムラがあるのでちょっと不安。


▲フレールジャック

競馬ブック巻末の写真を見て驚きました。
春から、全然馬体が変わっていたので。。相当良い馬体に成長しています。


△クレスコグランド

これも馬体から。
栗毛は馬体が良く見えやすいので注意が必要なんですが、ダービーの時と比べると一変してます。


×ショウナンマイティ

これも馬体から。
ただちょっと、トモの筋肉にもう一張り欲しいです。掲示板には入れるだろうと予想。



このブログでは、印しか付けてません。

神戸新聞杯の買い目は、以下がお薦めです。
神戸新聞杯の無料買い目予想




にほんブログ村で
他の競馬予想ブログを見る。


フォア賞動画(ヒルノダムールとナカヤマフェスタ)


凱旋門賞の前哨戦ともいうべき、フォア賞G2にヒルノダムールと、ナカヤマフェスタが出走した。




G2なのに、4頭立てって、信じられん・・・。


凱旋門賞でも1番人気になるであろうサラフィナ相手に、ヒルノダムールは最後の直線競り合って、惜しくも2着。


これは、本番でも勝ち負けもあるかも、という内容でした。


それにしたも、あんな狭い間を突っ込んでくるとは、、鞍上のルメール、巧すぎる。




にほんブログ村で
他の競馬予想ブログを見る。


セントライト記念2011年の予想


2011セントライト記念

有力馬は神戸新聞杯に行ったので、セントライト記念での注目馬は皐月賞2着サダムパテック、ダービー3着ペルシャザールといったところか。


セントライト記念は、過去10年の傾向をみると
・1番人気の連対率60%
・4番人気以下の馬の連対率70%
・連対した馬で、前走ダービー以外の馬50%


データをみると、意外と下位人気の馬が勝っているので、毎年好配当が出ている。


◎サダムパテック
○ペルシャザール
▲トーセンラー
△ラヴェルソナタ
×フェイトフルウォー


競馬ブックの巻末写真をみて、これは凄いと思った馬体は、トーセンラー、フェイトフルウォー、ラヴェルソナタ、サダムパテック、ペルシャザール。

フェイトフルフォーの配合(ステイゴールドxメジロマックイーン)は、オルフェーヴルと同配合。
馬体の特徴も似ているので、もしかすると好走するかもと思ったので、買い目に入れてみました。



セントライト記念の買い目は、以下の無料で御覧いただけるプロによる予想がお薦めです。
セントライト記念の無料買い目

にほんブログ村で
他の競馬予想ブログを見る。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。