管理人の競馬歴


競馬歴はサクラローレル、マヤノトップガン世代からだから、10年以上くらい。


数年目あたりから、シルクホースクラブで、一口馬主をはじめる。


ところが、全く勝てない。
1勝するのって、めちゃくちゃ大変な事なんですよね。


元来、研究するのが好きなので、そこから週間ギャロップ(今は競馬ブック)に載ってある馬体の写真を、重賞1、2着の馬だけをスクラップし始めました。

ちなみに、最初はテイエムオペラオーから。
テイエムオペラオー

2001年の天皇賞秋あたりの絶頂期の頃なので、今見ても、バランスが取れてて、スゴイです。


毎週、スクラップし続けてると
マンハッタンカフェ



かなり色々分かってきました。

サンデーサイレンス系は、こういう馬体が良いとか。
ブライアンズタイム系は、こういう馬体が良いとか


スクラップした馬と、照らし合わせるだけなんですが


一口馬主で、毎年投資した馬が、1勝どころか、オープン馬に上がるのが増えたんですね。


これは、シルクホースでは大変な事です。
残念ながら、かなりの確率で、1勝すら出来ませんから、シルクの場合・・。


この方法は、POGにも使えると思います。



ちなみに、2歳、3歳春あたりまでは、馬体を比べるだけで、馬券の勝率も上がったりします。特に、2歳は面白いですね。実力差が、かなりハッキリ出るので。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。