1998年天皇賞秋、サイレンススズカの最後


はじめて、競馬を見て感動ではなく、悲しくて泣いたレース。

1998年天皇賞秋




サイレンススズカの絶頂期。

今、レースをみると、一見無謀な逃げに見えますが、当時はサイレンススズカならこのまま逃げ切れるのではというほど、毎レース速かった。


それにしても、、最初の1000mが57秒とは。。


4コーナー手前で、左前脚粉砕骨折
競馬をかじった事がある人なら、もう駄目だなというのが分かるほどの怪我です。。


動画はレースで終わってますが

当時、テレビでは救急車での搬入するまでのシーンも流れてて、完全に左脚が皮だけで繋がってるかんじで、ブランブランになってて、痛さのあまりに、サイレンススズカは、もがき苦しんました。


その姿を見て、涙が止まりませんでした。


僕の中では
今でも最速の馬です。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。