CBC賞、2011年予想


2011年CBC賞の印は、以下のとおり
◎アーバニティ
○ヘッドライナー
▲エイシンホワイティ
△ツルマルレオン
×ダッシャーゴーゴー

印つけましたが、CBC賞は、かなり難解なレースです。
CBCレース傾向の記事でもまとめたように、人気よりもハンデの斤量がポイントになると思います。

58キロ背負う場合は、連対率0なので問答無用で消しです。
57キロは、ギリOK。55〜56キロ台で、調子の良さそうな馬を選ぶのが安全かなと思ってます。

たぶん、1番人気のダッシャーゴーゴーは、58.5キロの背負うので消し。

ダッシャーは、毎回上がり33秒台の脚を使えるのと、昨年度2着。ただ、昨年度の斤量は52キロだったので、あんまり考えない方がいいと思います。


ヘッドライナーは、前走テレビ愛知1着で、59キロの斤量を背負って勝ってます。

2着のエイシンホワイティが、すごい追い込みをかけたので、目立ってますが、上がり33.6秒で勝ってます。馬場の悪さも考えて、前の残りを考えておきます。ただ、57.5キロも背負うので、過信するのは危険。

エイシンホワイティも、良い脚を使ってのレースだったので、CBC賞でも期待できそう。
今回は、56キロだし、前々走不良馬場で勝ってるのも強み。


パドトロワは、前走オーストラリアT1着

勝ってはいるが、タイム的にはふつう、同じ前の残り対策としては、ヘッドライナーの方が上な気がするが、一応キープ。


アーバニティは、前走落鉄もあって、18着と惨敗。
それが原因で、今回人気薄になったら、ラッキーかなと思います。やはり、前々走のG1高松宮記念3着という実績はメンバーの中では上位。

問題はハンデ。57.5キロだから、ギリギリか。


CBC賞の買い目なら、プロの予想師による以下がお薦めです。
CBC賞の買い目




タグ:G3 CBC賞 CBC賞2011
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。