ルーラーシップ、宝塚記念の分析


ルーラーシップは、宝塚記念2011年ファン投票10位。
前走、金鯱賞1着。

金鯱2011

このレース、宝塚記念では結構重要なレースだったりします。
毎年、このレースの勝ち馬が、馬券に絡んでます。過去10年で5回、3着以内です。


この金鯱賞、ルーラーシップめっちゃ出遅れてるんですよね。
しかも、大外を廻ってるし。。


それで、この勝ち方なので、驚きの一言。
データから出てるように、金鯱賞1着の馬は、侮れないと思います。

人気が予想されるルーラーシップ絡めた馬券は、プロの予想師による以下がお薦めです。
ルーラーシップの買い目


2011年宝塚記念、関連記事

にほんブログ村で
他の競馬予想ブログを見る。


ブエナビスタ、宝塚記念の分析


宝塚記念ファン投票1位のブエナビスタ

前走は、ヴィクトリアマイルで2着。
ヴィクトリアマイル2011


結果は2着でしたが、マイルと流れではアパパネに分がありました。
距離が伸びればブエナビスタには、プラス材料。


何よりも、斤量56kgで望めるのが良いです。
男勝りなブエナにとって、この-2kgの斤量差は、ものすごく有利な材料です。


ブエナビスタ軸での馬券は、プロの予想師による以下がお薦めです。
ブエナビスタの買い目





2011年宝塚記念、関連記事

にほんブログ村で
他の競馬予想ブログを見る。


宝塚記念、2011年の予想


予想どおり、ブエナビスタが宝塚記念のファン投票1位でしたね。

ただ、宝塚記念の過去レースの傾向から、人気通りにはならないレース。
過去10年宝塚記念では天皇賞春の上位の馬が70%も連対しています。

現状の印は、以下のとおり
ブエナ以外は、宝塚記念では、過去データで実績のある天皇賞春組、金鯱賞組を優先チョイス。


◎ブエナビスタ
○エイシンフラッシュ
▲ルーラーシップ
△トゥザグローリー
×ナムラクレセント


ブエナビスタは◎。
昨年度2着ですし、56kgで望めるし、プラス材料ばかりなので。

エイシンフラッシュは○。
過去データから天皇賞3着以内は7割の確率で連対なので。内容も良かったですしね。

ルーラーシップは▲。
金鯱賞を、めちゃめちゃなレースっぷりでも、豪快に勝ったので。こんなレースは、力がないと出来ないです。
金鯱賞勝ち馬の連対率が5割なのも有力データ。

トゥザグローリーは△。
前走は距離が長すぎ。2400mは実績もあるし、前々走の内容がよかったので。
また、天皇賞春で10着以下で、3着に来たのは、過去10年で2回あるので残した。

×は、ローズキングダムにするかナムラクレセントにするか迷いました。
ナムラクレセントは、天皇賞3着というのと、前残りを考えて。
ローズキングダムは、前走は折り合いを欠いたというが、前々走もトゥザグローリーに着差以上の力を見せつけられてるし。
あまり良いところないなーと思ったので消し。


2011年春競馬の締めくくり宝塚記念の買い目は、プロの予想師による以下がお薦めです。
宝塚記念の買い目

にほんブログ村で
他の競馬予想ブログを見る。


エプソムカップのレース傾向


エプソムカップは、思いのほか、人気馬は好走しています。
1番人気が馬券に絡んだ(3着以内)のは、過去10年で7回。

前走、新潟大賞典経由で連対した馬が、過去10年で6回と多いのも特徴。
このとき、このレースでの着順が6着とか8着とか、掲示板を外した馬でも来ているのが面白い。


エプソムカップの予想記事は
エプソムカップ記事一覧から御覧ください。


買い目なら、プロの予想師による以下がお薦めです。
エプソムカップの買い目

にほんブログ村で
他の競馬予想ブログを見る。


CBC賞の傾向と過去データ


CBC賞は、過去10年で1番人気が連対したのは、たった2回。

4番人気以下が連対したのは、10回。
そのうち、10番人気以下が連対したのは、4回

と、毎年大荒れで、人気どおりにならないレースです。


まずは、その事を念頭においた方がよさそうです。

その一番の原因がハンデで、57キロ背負った馬が連対したのは、過去10年で4回。58キロに至っては0回です。
人気馬であっても、超トップハンデになると、勝ち負けすら難しいのが実情の様子。人気が、どれだけの斤量を背負うかというのと
斤量55〜56kgの馬で、好調な馬を見極めるというのがポイントになりそうです。


現状の僕の予想などは、下記記事にまとめてます。
CBC賞記事一覧


にほんブログ村で
他の競馬予想ブログを見る。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。